脱毛サロンの脱毛のしくみ

美容意識の高まりに伴って、ムダ毛の処理を自分で行わず、脱毛サロンでプロに任せる女性が増えてきました。かつては高額だった脱毛施術も、近年は低価格化がすすみ、気軽に施術を受けることができるようになりました。脱毛サロンではどのような方法で脱毛を行っているのでしょうか。
脱毛サロンでは、光脱毛と呼ばれる方法が主流となっています。


これはフラッシュ脱毛ともよばれ、特殊な光を肌にあてて、その下にある毛の毛根に熱を集めてダメージを与え、弱らせることで毛を生やす機能を衰えさせるというものです。

光脱毛でも、IPL脱毛やSSC脱毛、SHR脱毛なといろいろな方法があり、脱毛サロンによって採用している方式は異なります。


基本的な仕組みは同じですが、使用している光やジェルなどに違いがあります。
IPLで使用されるライトは、もともとはしみやそばかすの改善に使用していたもの。


それを応用して脱毛するため、脱毛効果と同時に美白・美肌効果も得られます。


毛根にある毛母細胞の、毛乳頭と呼ばれる部分にダメージを与えます。
SSCも光を当てることによって毛乳頭にダメージを与えます。
特殊なジェルを肌に塗り、浸透させていく点が異なります。
ジェルには毛の成長を抑える成分がはいっているため、相乗効果でより抑毛効果が高くなります。SHRは、比較的新しい方式です。
毛の中でも、毛乳頭ではなく、バルジ領域という部分にダメージを与えます。

バルジ領域は毛の生成に重要な働きをする細胞を作り出す領域で、ここにダメージを与えることで毛を生えなくさせます。

毛周期に関係なく施術を行うことができるため、脱毛期間を短縮することが可能です。